top of page
検索
  • hakuto staff

山田修作 / 紀平佳丈 / 松田苑子 展 〇△▢

○△□

 

山田修作/紀平佳丈/松田苑子 展


■会期:2024年4月5日(金)~4月13日(土)※会期中無休予定

■営業時間:12:00-19:00※初日・最終日のみ_12:00-17:00

 

本展は「○△□」と題し

素材の違う3名の作り手による展示会となります.

 

○山田修作(陶)

京都で制作を続ける山田さん.

 

織部、伊羅保の器は

重くなく、軽くなく

品があり、軽快.

洒落ていて、やさしい印象.

 

10数年、山田さんの織部の飯椀を愛用しています.

 

昔から大好きな作り手の1人.

 

△紀平佳丈(木工)

愛知県で制作されている紀平さん.

 

品があり丁寧な仕事.

 

轆轤や旋盤を使わず、手作業で削り出し磨き上げその跡を残しません.

 

「工芸」

 

私にはまだ重く難しい言葉です.

 

ただ、紀平さんの仕事を見ていると

「工芸」って、もしかしたらこういう事なのかもしれないなと.

 

「工芸」の一面に触れたような.

 

 そんな気持ちにさせてくれる作り手.

 

 

□松田苑子(ガラス)

京都にてガラスの箱を中心に

制作をされている松田さん.

 

キルンワークで成形し

磨き上げ

下絵を描いて

サンドブラストで模様を切り起こす

 

凛とした印象のガラスの箱.

 

どうして箱なんですか?

という問いに

 

箱にどこか精神性を感じる

と.

 

制作に向かう姿勢、感覚が心地よい作り手.

 

春の空気を纏ったような展示会.

是非、お立ち寄り頂ければ幸いです.




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page